こんな私でも結婚できました。

マッチングアプリで理想の人と出会いたいと思いませんか?

これから「男性恐怖症」だった私が、結婚できた理由を紹介します。

 

はじめまして。美穂子と申します。

現在40歳、5年前に結婚し、子どもにも恵まれ、平凡で幸せな生活を送っています。

こんな私は、マッチングアプリがなかったら、結婚できていませんでした。

なぜなら、私は「男性恐怖症」だったからです。

 

男性が目の前にいると、声が出ない。

恐怖で、声が出ないんです。

 

この理由は後ほど紹介します。

 

「男性恐怖症」の私が、結婚なんて諦めていた私が

結婚できた。

 

そのきっかけがマッチングアプリ。

 

「結婚できない」と思っている女性も男性も

マッチングアプリなら結婚の可能性はあります。

 

特に私と同じ40代の世代は、

「マッチングアプリ怪しくない?」

「出会い系とか、遊びとかじゃないの?」

「変な事件に巻き込まれるかも」

と警戒している方もいるでしょう。

 

マッチングアプリは、大手企業が運営していますし、

監視体制もかなり厳しいです。24時間みっちりやっています。

 

卑猥な言動、純粋な恋活婚活を邪魔するような人がいたら

運営側に通告できます。

 

やめたいと思ったら、簡単に退会できます。

 

だから、私でも利用できたんです。

 

臆病な自分が、一歩踏み出せたんだと思います。

 

もし私のような方がいたら、ちょっとだけアプリをのぞいてみてください。

 

もしくは、このページで今から紹介する私の体験談と、アプリの紹介記事を読んでください。

 

皆様の恋活婚活のお役に立てると嬉しいです。

 

男性がいると、声がでない…

両親共働きの私は、近所の友達の家で遊ぶのが日課でした。

小学生になる前、まだ未就学児のころ、

友達の家で遊んでいた私はふと、自宅にあるおもちゃを取りに一旦帰りました。

 

その帰り道、中学生の男子3人に呼び止められ、

囲まれたのです。

 

何が起きたか分からず、足が止まり、体が動かなくなりました。

 

一人が背後から私のスカートめくりました。

 

私は必死にスカートの前をおさえました。

 

ケラケラと笑う中学生3人。

 

足が震え、怖くて怖くて声が出ません。

 

スカートの後ろを上げられ、下着丸出しの私。

 

その手がふと緩んだ瞬間、

 

猛ダッシュで家に走って帰りました。

 

それから、外に出られず、

 

家の中で一人震えていました。

 

私がおもちゃを持ってくるだろうと待っていた友達は、

 

その日から遊んでくれなくなりました。

 

私はその日から、スカートをはけなくなりました。

 

親に言えませんでした。

 

夜はへとへとに疲れている両親に、言えませんでした。

 

その日から

 

男子中学生の制服を見ると、逃げたくて仕方ありませんでした。

 

いえ、小学生の男子ですら、怖くて仕方ありませんでした。

 

今度は何されるか分からない。

 

その恐怖だけが先走って

 

男子が来ると木の陰や建物の裏に隠れ、通り過ぎるのを待っていました。

 

それが高校生まで続きました。

 

男子が声をかけてきても、私は声すら出ません。

 

無理に声を出そうとすると「うっ」と詰まってしまうんです。

 

女子とは普通に話せるのに。

 

さすがに周りの友達も不信に思い、

 

なんで男子と話をしないのか、聞かれたこともあります。

 

答えられませんでした。

 

なので、友達も少なく、地味な学生生活を送っていました。

 

************************************

 

男性と話せるようになったのは、社会人になってからです。

 

同世代の人が少なく、中高年の多い職場でした。

 

ほぼ結婚している人たちばかりで、

 

薬指にリングをしている人を見るたびに、ほっとしました。

 

結婚している人なら、何もしないだろうという、変な安心感があったからです。

 

地方の田舎なので、不倫や浮気でもしたら、たちまち村八分にされるような地域でしたから。

 

私は「何かされるかも」という不安が少しずつ取り除かれていきました。

 

それに会話をしないと、仕事になりませんから。

 

少しずつ鎖がほどかれ、少しずつ会話できる楽しさを知るようになり、

 

私でも恋人できるのかな? 結婚できるのかな?

 

と思うようになりました。

 

でも、自分から話かける勇気はない。

 

仕事が休みの日は

ほとんど家にこもっていましたから、

 

パソコンに「恋人がほしい」とうってみると

 

とあるマッチングアプリが出てきたのです。

 

そこから、私の人生ががらっと変わりました。

 

私が出会ったマッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」

こんなの、あるんだ…

女性は無料と書いてある。

 

この時は何の恐怖も感じずに、すぐ登録をしました。

 

Facebookはただ登録しているだけで、一度も更新していない程度でした。

嫌ならすぐやめよう、と軽い気持ちだったのだと思います。

 

 

プロフィールは悩みました。

顔写真は載せたくない。知り合いにバレるかもしれないし、それに顔に自信がない。

 

でも…恋人がほしい…

 

悩んだ末に、ハイキングに行った時に撮影した風景写真に

ちょっとだけ私の顔が写っている写真を選びました。

 

帽子で顔は半分隠れているし、遠目に見えるし。

 

でも、「いいね」がまったくもらえません。

 

なので退会しました。あー、やっぱりダメだと諦めました。

 

それから1年後、友人の結婚式に呼ばれたことがきっかけで、

結婚したいという気持ちが湧き出て、

もう一度ペアーズに登録。

 

この時は、思い切って顔がはっきり分かるように写真を載せました。

結婚式での着物姿でした。

 

すると、「いいね」をたくさんいただきました。数ははっきり覚えていませんが

たぶん1週間で100件前後だったと思います。

 

これだけで心臓バクバクです。

 

こんな私が「いいね」をしてもらえるなんて。

 

その中で一人、気になる男性に返信すると、すぐにお返事がきました。

 

とても丁寧な文章で、自己紹介をしてくれました。

 

私は迷いました。

正直に自分の過去を話すと、ドン引きされるんじゃないかと。

 

でも、この男性は真剣に相手を探している感じがしたので、

嫌われたら嫌われたでいい、この男性はきっとすぐ別の相手を探すだろうと考え、

正直に「男性恐怖症」だったことも含め、自己紹介しました。

 

その日、返事はありませんでした。

あー、やっぱり嫌われたなと思いました。

 

メッセージが来たのは翌朝。

「昨夜は眠れませんでした。辛い日々を過ごされたんですね。僕は、最初はメールという形でもいいので、あなたのことをもっと知りたいです」というような内容でした。

 

うれしくて、涙が止まりませんでした。

 

それからはメッセージでやり取りをしたり、

LINEでもお互いの日常を話すようになりました。

 

直接出会うまで、1年3カ月かかりました。

 

ものすごい長い期間、顔を合わさず、言葉だけでのお付き合いです。

 

こんなことって、あるんですね。彼は、私の心が開くまで、ずっと待っててくれたんです。

 

結婚するまで間、両家に不幸があったりして、家族に紹介するタイミングを逃していましたが、

私たちはお互いに信頼しきっていた仲になっていて、何の焦りもありませんでした。

 

結婚式を挙げたのは、出会ってから3年後です。

一度彼に「どうして私を選んだの?」と聞いてみました。

 

彼は

「純粋そうだったから。最初からあんなに赤裸々に自分のことを話す人っていないと思って。僕はすぐに君を守ってあげたかった」と。

 

マッチングアプリは、私にとって「神」です。

 

ペアーズにはとても感謝しています。

 

====================================

 

私がお世話になったPairs(ペアーズ)。

こちらに詳しく解説しているので、参考にしてください>>Pairs(ペアーズ)理想の人と出会えました。

 

 

*******************************

すぐにPairs(ペアーズ)をご覧になりたい方はこちら

↓↓

ペアーズはこちら

**********

 

 

Posted by 管理人